やっぱし~

 米Microsofは、Windowsのカーネルに関する脆弱性の修正プログラムを「Windows XP Service Pack 1(以下、XPSP1)」に適用すると、パフォーマンスが低下する問題を低減するための手順を公開した。
 この脆弱性は4月17日に発見されたもので、Windowsカーネルの一部に脆弱性が存在し、攻撃者の権限が管理者権限に昇格する可能性があるというもの。Microsoftでは、同日この脆弱性に対する修正プログラムの配布を開始したが、この修正プログラムをXPSP1に適用すると、パフォーマンス低下が発生することがあるという。

うーむ、最近アプリの起動とか遅くて、デフラグしても直らんかったんはこのせいやってんねえ。

No tags for this post.

Additional comments powered by BackType

Get Adobe Flash player