Let It Be

The BeatlesのオリジナルアルバムはSgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band以降はレコードで持ってたのですが、Let It Beは持っていなかったので購入。

なんで今まで買わなかったかというと、「The Long And Winding Road 」があたしはあんまり好きでないからです。
ポールはフィルスペクターのアレンジが気に入らなかったらしいですが。

そういう不満が解消されるべく(なのか?)、Let It Be Nakedが発売になります。
余計なアレンジ部分をそぎ落としてのオリジナルバージョン。
これと聞き比べるために「Let It Be」を購入したというわけです。

しかし、日本版はCCCDなので、輸入版を予約。

No tags for this post.
  1. takeratta’s avatar

    私も輸入盤購入組です。
    The Long And Winding Roadはお嫌いとのことですが、
    私は、意外に好きだったり…。
    レビューなど、エントリー期待しております。

  2. millchu’s avatar

    >takerattaさん
    Amazonで予約したんですが、夕方届いたばっかりです。
    The Long And Winding Road はやっぱりあたしもポールと同じくアレンジが気に入らなかったのかなあと思います。
    この曲はシンプルなアレンジのほうがあたしにはぐっときますね。
    まだちゃんと全曲聞き比べてないので、後日レビューいたします。

    takerattaさんの感想はどうですか?
    あたしは、アルバム「Let It Be」を通しで聞いたのが最近なので、レビューしても薄っぺらいもんになるかもしれないんですが。

    しかしBeatles、レコード(CDじゃなくて)を聞きまくり、雑誌やTV特集を見ていろんなエピソードに、!!となってた時代を思い出します。

    ・・・っと、なんかBeatlesを語りだすと長くなりそうなのでまた今度。

  3. takeratta’s avatar

    一月半遅れのコメントですみません。
    Nakedの感想は、これぞという感じがありました。

    これまで聞いていた楽曲自体に毒されてしまったせいか、
    逆に、すっきりとした感じがありますね。
    また、GetBack方式っていうんですか、ワンテイク(一発録り)
    という意味では、完成度の高い演奏だという感じでした。

    The Beatlesを語ると長いかも知れませんね、確かに。笑
    よい年の瀬を!

  4. millchu’s avatar

    >takerattaさん
    コメントありがとうございます!
    レビュー書こうと思いつつ、まとまらずまだ書いてないです。
    大層なこと書くつもりではないんですが、やっぱ長くなりそうっつうか。
    Beatlesについてはマニアではないんですが、よく聞いてた中学・高校時代とオーバラップしちゃってなんかいろいろ書きたいことが浮かんでは消えみたくなっちゃってます。
    正月休みにじっくり書いてみようと思います。
    ではでは、良いお年を!

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Additional comments powered by BackType

Get Adobe Flash player