家事をサッサと手放してしまう本

家事をサッサと手放してしまう本
百瀬 いづみ

発売日 $2003/05
売り上げランキング 35,247


Amazonで詳しく見る4062741113

194 p、読破時間 30分

よく、「ダンナさんが家事をちょこっとでも手伝ってくれたら、「ありがとう~♪すごーい、助かっちゃった。」なんて誉めてやってると、うれしいもんだから、家事を手伝ってくれるようになる」とかっていうじゃないですか。
あたしも相方がなんか家事をやってくれたら、大げさなくらいに「わ~い、手伝ってくれてありがとおおお~」とか言ってたわけよ。
でも言ったあとにどうもムナクソ悪かったワケよね。

だってあくまで「手伝って」くれただけやん?

「手伝ってもらう」ってことは、「家事っつー仕事はあたしの仕事よー」と自分で言ってるってことやん。
会社で働いて、家でも働かなあかんのか~、ケッタクソワルイ!が本心でした。マジ。

そんなこんなで、昨年あたしが指を骨折して料理が作れなかった時期に相方が料理に目覚め、「夕飯作りはオレの仕事」と思ってくれるようになりまして、ケッタクソワルイのもだいぶおさまってますね。

この調子だ。

No tags for this post.

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Additional comments powered by BackType

Get Adobe Flash player