快読100万語!ペーパーバックへの道

快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

発売日 2002/06
売り上げランキング 690


Amazonで詳しく見る4480087044

310 p、読破時間 40分

今までなんとな~く英語の勉強してきたんですが、ほとんど身についてないですね。
なんでやろ?と考えたんだけど、「なんとな~く」がやはりいけないのではないかと。

だって、「必要性の無いモン」ってのは覚えないでしょ。

英語圏の国に住んだら、どうしても会話をしなくてはけないし、聞き取れないといけないし、読まないといけないし、書けないといけないから覚えるでしょ。

あたしは今の生活において、会話する必要ないし、書く必要無いし、聞き取る必要も無いので全然身につかないんですよ。

でも、読む必要はめっちゃあります。

WordPressのTipsとかって海外サイトの方が断然多いんですよね。
で、そこで見つけたプラグインもpluginフォルダに入れてactiveにすれば動くんですけど、ある程度説明読んどかないと、「え??なんでこうなるの??」とかいうこと多いんですよ。
で、改めて説明を読むんだけど、わかんない。翻訳サイトで翻訳しても、かえって意味不明な日本語になってしまってますます混乱。わからない単語を辞書引きつつ読んでいっても、途中でイヤになってくる。でもってプラグイン導入挫折。

とにかく、あたしにとって必要なのは、スラスラと読めるようになることではないのかな、と。
で、以前から気になってた多読をやってみようとこの本を買ってみたわけです。

ソッコー始めます。

この記事と関連すると思われる他のエントリー

No tags for this post.
  1. KITORA’s avatar

    こんにちは、KITORA です。
    > だって、「必要性の無いモン」ってのは覚えないでしょ。
    蓋し、名言ですね。
    日本に住んでいるとなかなかそういう環境には浸れないのですが、
    私の場合はあまり翻訳が出ない好きな作家を作る事で読み続けております。
    Stuart Woods って凄く面白いんですけど、翻訳が滅多に出ません。(^^;)
    後は好きな作家なんだけど、翻訳がアカデミー出版とか角川(ハルキ文庫や角川春樹事務所は OK)だと
    原書で読む方が良いので、これも一つの Driving Force になります。
    後は訳が出る前に読むというのも一つの楽しみになります。
    頑張りましょう。 \(^o^)/

  2. millchu’s avatar

    >KITORAさん
    こんにちは~~。
    洋書はハリポタの原書で挫折しました。原書で読んだほうがおもしろいという話を聞いて買ってみたのですが、これもストーリー既に知ってるから無理して読まなくてもって気持ちからでしょうね。
    目標としては海外サイトをスラスラ読めるようになる、なんですが、KITORA さんのように好きな作家を見つけて読んでいく過程をつくると「勉強」という気がしなくて楽しんで続けられそうですね。
    今日読んだ簡単な洋書は結構スラスラ読めたので、「いけるじゃん」ってな気持ちになってます。
    がんばろうっと。ていうか、楽しんじゃおう。
    しかし、最近本ばっかり読んでるよなあ。blogって趣味嗜好の変化がモロ出ますね(笑)

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Additional comments powered by BackType

Get Adobe Flash player