ツイてる人になる“未来”4行日記

ツイてる人になる“未来”4行日記―どんなスランプも抜け出せる1日5分の魔法
小林 惠智

Amazonで詳しく見る441303502X

189 p、読破時間 20分

あたしはほぼ日手帳4行日記を書いているんですが、しばしば反省文的な内容になったりします。

例えば、
■事実 ○○の件を明日にまわした。
◆発見 予定を詰め込みすぎた。
●教訓 時間の見積りを具体的に考えよう。
★宣言 私は時間管理能力が優れている人です。
てな具合。(あくまで例ですけどね。)

4行日記は否定的な言葉を使ってはいけないので、こんな書き方になってしまうのですけど、結局自分の時間管理能力の無さにがっくりきてしまってるんですよね。
なので、「私は時間管理能力が優れている人です。」ってのはほんま書くのを躊躇してしまいます。

そんなんで一時期4行日記を書くのをやめてたことがあるんですが、最近は反省することも大事だと開き直って書いてます。
もちろん反省文的なことばかり書いてるわけではなく、良かった!!ってことを書くほうが多いんですけど、気分が落ち込んでると裏を返せば否定的じゃんってなことをついつい書いてしまいがちです。

このような意見は4行日記の著者、小林 惠智さんに届いていたらしく、「“未来”4行日記」が出版されていました。

4行日記と“未来”4行日記との違いは、4行日記では事実からなりたい自分を宣言するのに対し、“未来”4行日記では、まずなりたい自分を宣言し、そうなるためには明日何をするか書き出すことです。

例えば、先にあげた反省文的4行日記を“未来”4行日記に書き換えると、
★明日の自分像 私は時間管理能力が優れている人です。
●挑戦する内容 時間の見積りを具体的に考えよう。
◆注意する内容 余裕をもった予定にする。
■明日の行動予定 手帳に記入して実行。
といったかんじかなあ。

一見4行日記とあまり変わらないんですけど、「これからやること」ですからね。
目標や夢は具体的に書き出すとかなうといわれていますから効果がありそうです。

で、早速あたしの“未来”4行日記を書いてみました。
★明日の自分像 本を読む。
●挑戦する内容 2冊読破。
◆注意する内容 家事を済ませておく。
■明日の行動予定 図書館に行く。

まずはできることから書くのがコツとのことです。

一日5分奇跡を起こす4行日記―成功者になる!「未来日記」のつくり方
小林 惠智
一日10分 英語で書こう4行日記―50日間で“英語頭”に切り替わる本
小林 麻綾 , 小林 恵智
No tags for this post.
  1. ryu’s avatar

    はじめまして。最近4行日記の公開を始めたリュウと申します。

    日記を書いていると前向きなネタを探す為に前向きな行動をとろうとすることがあり、早速効果があるなと思いました。

    未来日記の存在は初めて知りましたがなりたい自分から逆算していくというのはこれと同じことなのかなあと感じます。

  2. millchu’s avatar

    >リュウさん

    コメントのお返事めっちゃ遅くなってしまってすみません:cry:

    日記に書いたから前向きに行動しよう、日記に書くから前向きに行動しよう。
    両方の日記の違いはそんなところでしょうか。

    このエントリーを書いたときは、ある程度自分のペースでできる仕事をやっていたので、未来日記のほうが効果があるなあと感じていたんですが、最近は、ほぼ上司のペースに合わせないといけない仕事に異動になったため、平日は通常の4行日記の方がいいみたいです。
    休日は目標みたいな形で未来日記を書いたほうがだらだらしなくていいんかなあと。

    どちらの日記が合うかはライフスタイルなんかにもよるでしょうね。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Additional comments powered by BackType

Get Adobe Flash player