ストレス無く散財するには(3)

家計簿をつけている方は、締日を給料日にしていることが多いと思います。また、月ごとの収入金額から予算を立てる、というつけかたをしていることが多いと思います。
私も、そのつけかたをしてました。

しかし、「羽仁もと子案家計簿」は、月末締め、予算は年間で立てる、というやりかたなんです。
月末締めはまあいいとしても、月によって残業代がついたりとか、ボーナスがあったりするのにどうやって年間予算をたてれば?とまずはそこが疑問でした。

詳しいつけ方が巻頭と別冊に記載されているので、よく読んでみると、給料もボーナスも最低限得られる金額を1年分足して、12等分する、とのこと。
残業代などの、予算から余ったお金を繰り越していくと、ある月に予算以上の支出があったとしても慌てることがなくなる。

なるほどです。今までは「今月は残業代が結構ついたから、贅沢しちゃおう :grin: 」とかって無駄遣いしてました。

月ごとの予算は給与明細から簡単に導きだせたものの、費目ごとの予算設定には、やはり今まで「家計簿をつけることが目的」だったから、どういうものにどのくらいお金を使ったかというのが把握できておらず、だいぶ時間がかかりました。
挫折した家計簿を引っ張りだして、なんとか費目ごとの予算を作成。

挫折しつつも、つけててよかったなあと思う一方、つけてるだけじゃ本当意味無いなあと反省。

まだちゃんと家計簿を使いこなせてるとはいえないんですが、年間の収支が把握できたことで「節約しなくちゃ」というストレスはだいぶ軽くなってきました。

羽仁もと子案家計簿 2009年度版 (単行本)
4829205431

Tags:

Tags:

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Additional comments powered by BackType

Get Adobe Flash player